--------------------------------------------------->

【反応率を上げる5ポイント】

2019年01月18日(金)7:12 PM


反応率を上げるポイント】


今まで、チラシやPOPなどの販促物で、
思った以上に反応がなかったり、
もっと売れてほしいと思ったことはありませんか?


そこで今日は、
そんな販促物の反応率を上げるための
ポイントやコツをお伝えしようと思います。


というのも、最近、
やっている手法自体は間違ってないのに、
反応がないからってすぐに、
その販促方法を止めてしまうオーナーさんが、
急増してるからなんですよね(^^;)

その結果、
本来かけなければならない経費まで削ってしまい、
さらに業績を悪化させてしまっている
飲食店が本当に増えてきています!


これは、本当に現実問題として、
不振店になればなるほど、
販促経費をかけていないという現実…


逆に、繁盛店は適切な販促費をかけているので、
不振店と繁盛店の差は益々広がる一方。

やはり、これでは昨今の飲食業界が、
「二極化」してしまっている現実も頷けますよね(^^;)


でも確かに、現在ではWEBが発展し、
情報も氾濫してきているので、
以前のようにチラシを出せば、
お客様をバンバン集客できるような
時代でないことも事実かもしれません。



しかし、



『販促経費』



というのは、
車でいうと、ガソリンにあたります。



《ガソリン費=販促経費》



やはり、
遠くまで走りたければ、
それだけのガソリンが必ず必要となりますよね!?



《※遠くまで走る=売上を上げる》



ということになりますので、



もし、今以上に、
・・・
素早く売上を上げたければ、
適切な販促経費はしっかりとかけるように
しなければならないということです!



ですので、もし現在、
適切な販促費用もかけてもいないのに、
売上が上がらないって嘆いてるのだとしたら、
もはや、それは本末転倒な話ですから、
そんな残念なことがないよう、
くれぐれもご注意下さいね。



では、販促と売上の
基本的な関係性を理解したうえで、
いざ本題に入っていきたいと思います。



やっぱり、今まで、気合いを入れて、
それなりのお金もかけて、販促物を作ったのに、
全然、反応がなかった経験って、
一度くらいは誰しもありますよね!?



そんな際に、




「もう二度とやらん…(`ε´;)」




と、思う気持ちも、
めちゃめちゃわかります…


実は、自分も開業当初に、
そんな経験が多々あったからなんですよね。


今見ても本当に、
開業当初のチラシは酷すぎて、
とても見せれるようなものではありません(^^;)



実に、



※折込広告3万部(販促経費約20万円)



が、無残に破れ散りました(;_;)



当時、開業当初のなけなしのカネを、
必死にかき集めて、一か八か勝負しましたが…




結果は…。泣




でも、その時の心境は、
本気でコレを撒けば、




「お客さんが来すぎたらどうしよう…(^^;)」




なんて、
いらぬ心配をしていたくらいです。←バカ


だから、
全然反応がなかった時は、本当に悔しかったし、
このままじゃお店をやっていけないという、
相当な焦りがわき起こってきました。


実に、私には過去、
そんな恥ずかしく、情けない経験があったので、
そこからは、めちゃめちゃマーケティングの勉強をしまくりました。


そして、
トライアンドエラーを繰り返し、実践し続けていく中で、
少しづつですが、反応もとれるようになってきました。



すると、ホット○ッパーでも、
初登場にして、姫路・加古川版では、
なんと、過去最高のPV数、ギネス記録まで、
達成することができました(^^)v



本当に、反応率というのは、
少しのポイントとコツをおさえるだけで、
こんなにも反応が変わるんだと、
身を持って気付かせてもらいました。




・どのように書けば、お客様が気になってくれるのか?

・何を書けば、興味を持って行きたくなるのか?

・どんな見せ方をすれば、即反応してもらえるのか?




そんな『顧客心理』を、
考えられるようになってからは、
一気に反応がとれるようになってきました!




ちなみに、
反応率を上げるのには、
絶対に必要なスキルがひとつだけあります!




それは、やはり、




『コピーライティング』のスキルです。




言語化』するチカラです。

『伝達力』ともいいます。




現に今、このブログなどの
文章を書いているスキルもそうですよね!



ちなみに、実は、
世の中のすべてのことは、この『言葉』によって、
形成されているのってご存知ですか!?



※言葉によって、
思考が固まっていきますし、
行動も決まっていきます!



だから、如何にこの世は、
「言葉」をうまく操っていけるのか?
ということになります。



※成果が出にくいのは、
言葉の使い方や定義が悪かったり曖昧で、なまぬるいから!!


▲コレ凄く重要な視点です!!




逆に、成功者は皆、
この言葉の使い方が実に秀逸です!




スティーブジョブズ
橋下徹
小泉純一郎
田中角栄
オバマ元大統領
島田紳助
孫正義


このような方々は、
本当に言葉の操り方がうまい。


だからこそ、
周りを引き込み味方につけ、
影響力を最大限発揮することができるんですよね。


これは、いかんなく
リーダーシップをはるには、絶対条件です。



結局、
コミュニケーションもすべて、
『言葉』によるものです!



人をうまくコントロールするのも
結局は『言葉』の使い方次第。


いい方、伝え方次第で、
部下が大きく変化することは、
皆さんが一番感じてる部分だとも思います。



黙ってても、勝手に覚えてくれて、
勝手に育ってくれればいいですが、
現実はそんなことありません。



「マニュアル」や「ハウスルール」「人事評価制度」などの、
会社の考え方を明確にした言葉があるからこそ、
相手側にきちんと伝わるようになるので、その結果、
最短最速で、うまくいくようになるのです!



逆に、うまくいってないお店の共通点は、
社長の考えやこだわりを活字にした、
上記のようなものが、残念ながら、ほとんど見受けられません!!!



だからこそ、
お客様や従業員にもうまく伝わらず、
業績も苦戦してくるのです。



では、現在、
業績低迷中のオーナー様にお聞きします!



あなたのお店には、
あなたの考えやこだわりや、
お客様や従業員に対する熱き想いを言葉にまとめた、
理念書や経営計画書は存在していますか?


社長の考えや、今後の会社の方針や方向性を、
部下が理解できるような仕組み(言葉)は存在していますか?



もし、なければ、
今すぐ、言語化、可視化してみて下さいね!




やはり、本当に重要なことは、
・・・・・
伝える努力をしているかどうか?です。

      ・・
しっかりと、言葉を使って!!!



継続してうまくいくかどうかは、ココに尽きます。



本当に、言葉を使わないと、
思った以上に他人には伝わってないですからね~


長年連れ添った、嫁さんですら、
旦那の気持ちなんてわからない…
っていうぐらいですから、
これには本当に注意が必要です(^^;)笑




ちなみに、私は、初めてのお店でも、
この会社の社長が『言語化』するのが、
得意か否か、一瞬で見抜く方法があります。




それは、




『メニューブック』




です!



新規のお客様が100%手にするもの。
それは、間違いなくメニュー表です。


客単価やFLコスト、そして、売上や利益までも
コントロールできるくらい重要な『メニューブック』が、
未だに、「お品書きメニュー」になっている時点で、


「あぁ、もったいない…、こうすれば、もっと売れるのに…」


って思いながら、
よく見つめることがあります。



これは、
※言葉の持つ重要性や破壊力を、
本当の意味で理解していない証拠でもあります!!



やはり、反応率を上げて、
もっと売上を上げていきたいなら、
結局ここでも、その商品のこだわりや価値を、
しっかり言葉にして伝えてあげ、
オーダーコントロールしなくてはならないのです。



ちなみにこれは、
店のためというより、
・・・・・・
お客様のためでもあります。


来店されるお客様の99%は、
ほぼ素人のお客様ばかりです。



※なぜ、美味しいのかなんて、
食べただけでは、ほとんどの方が実はよくわかっていません。




大抵のお客様が、



「…なんとなくうまい♪」


って感じです。



しかし、マーケティング上、
なんとなくうまいではダメなんです!!



なぜ、うまいのか!?
何が他店とどう違うのか?
この料理や食材には、どんなこだわりや想いが存在するのか?



このような部分が、
満足度を向上させるためにも
絶対に必要なんです!!



でも、残念ながら、
店主が、どれだけ手間暇をかけても、

熱き想いを込めて調理しても、
きちんと伝えない限り、

お客様は本当によくわかっていません。

新規のお客様なんて特にです。



やはり、
こだわりの事前情報があって食すのと、

何もない状態で食すのでは、
その後の感じ方はまったく変わってきます!

満足度も当然変わってきます。


       ・・・・
これを、あえて意識して伝えるからこそ、
より美味しく感じ、口コミにも発展していくのです!!



また、昨今のSNS映えで、口コミ拡散していくのも、
実はこれと同じような『顧客心理』をうまくついているのです!




また現に、
おもしろい例え話として、


・・・・・・・・・
1本1000円のワインを、

「30年に1度の当たり年といわれた幻の1979年産の赤ワインで、
1本50万円もする最高級のワインです!
芳醇な香りと、濃厚な舌触りを是非お楽しみ下さい!」

って言われて出されたら、



「あ~やっぱり高級なワインは全然違う!(^^)」



って、
ほとんどの方が言っちゃうんですよね!


わずか1000円のどこにでもある
一般的なワインであるにも関わらずです。笑



これは、本当の話で、
私の血はワインでできていると豪語していた、
あの川島○お美ですら、騙されたくらいですからね(^^;)



それくらい、
言葉の影響力って強力なんです!


むしろ、日本人は舌ではなく、
言葉で脳を支配し、味わっているのかもしれませんよね!



だから、
これをうまく逆手にとるのが、
マーケティングの本質でもあります!



故に、
如何にこの言葉をうまくコントロールできるかで、
今後の業績が左右されるかなんて、
もはや、言うまでもありませんね。



これからは、
言葉をうまく使って、伝える努力を、
どんどん積極的に行っていきましょう!



ココが正しく、
繁盛店と不振店の大きな境界線となっていますからね~






また、ちなみに私は普段から、
この「コピーライティング」や「言語化」のことを、




『言葉遊び』




と、茶化して表現することがあります。




それは、




・あなたが、言葉にもて遊ばれているのか?




それとも、




・あなたが、言葉と遊んであげているのか?




この2つの状態によって、
成果が大きく変わってきます。



もちろん、皆さんは、後者になるべきなので、
これからは、言葉と仲良くなり、うまく言葉を操れるように、
一緒に努力していきましょう!



やはり、そのためにはまず、
正しい知識と語彙力を身に付け、
あとは実践あるのみです!


これも反応率を上げる重要なコツとなりますので、
まずは失敗を恐れず、どんどんチャレンジしていきましょう!





では、ココからはもっと、
具体的な内容をお伝えしていきたいと思います。



主に、
反応率を上げるポイントは5つあります!



最低限、この5つさえ押さえていれば、
大きく外すことはまずないでしょう。





ズバリ、それは、






1.誰に(To Me Message)

2.何を(メリット・ご利益)キャッチコピー

3.写真(本能を刺激するシズル感満載の写真+人物写真)

4.オファー(最後の背中を一押しする、いいわけさせる特典)

5.限定性(今、買わないといけない理由)






この5点となります▲


まず、一つづつ説明する前に、大前提として、
チラシでもWEBでも、反応率を上げるためには、
絶対に答えておかなければいけない原理原則が3つあります。


それは、



①なぜ、この商品を買わなければならないのか?

②なぜ、あなたから買わなければならないのか?

③なぜ、、買わなければならないのか?



この3つです。


ココの答えが書かれてない販促物は、
確実に反応が悪くなります。



①では、商品自体の価値、素晴らしさ
②では、あなたのお店にしかない独自のウリ・USP
③では、今しか手に入らないという希少性(人はいつでも手に入ると思ったら、またでいいかとなるため)



ちなみに、あなたのお店の販促物は、
この3つの鉄則がきちんと反映されてますか?


もし、書かれてないのであれば、
今すぐ見直してみて下さいね!!




では、5つのポイントについても解説していきます。



まず、反応率を考える上で、
最も重要なことは、




1.に対しての販促物なのか?
ターゲットを確定させることが、まず大前提です!





反応率を上げるコツは、まずこれは、



「自分のことだ!」



と、思ってもらうことになります!




だから、
ダイレクトに一番最初に、


※○○○○○○○○○○○のあなたへ!!!


と言ってしまいましょう!




例えば、


※加古川で、30人以上入れる個室の宴会場をお探しの忘年会幹事様へ!


みたいな感じです。


これは、数字を入れつつ、
具体的に書けば書くほど、
コアなターゲット層に響くようになり、
最終的な成約率は確実にアップするでしょう。



あと、もう一点重要な視点として、
このターゲットをしっかり定めることで、
どの販促方法を使うかが変わってくるということです!



つまり、これはどういうことかといいますと、
例えば、若い20代のファミリー層を集客したいのに、
折込広告という販促手段を使っても、
現在では大きな反応は期待できないでしょう。


それは、現在、
20代の多くの方が、新聞自体をとっていません。


だったら、ここに販促費を投下しても、
そもそもターゲットが見ていないので、
反応が取れないのは当然です!


ですので、このケースなら、
折込ではなく、ポスティングにした方が反応がいいだろう!
という判断が簡単に下せるようになるのです。


逆に、同じファミリーでも、
50代60代70代を狙っているなら、
まだまだありかもしれません。


ここは、
テストマーケティングが必要になります。




まぁ、つまり、



※ターゲットに合った販促媒体を選ぶことも、
反応率を上げる重要なポイントだということです!!



※あなたのターゲット層は、どこに集まっているのか?
※あなたのターゲット層は、何を見ているのか?



ターゲットをしっかり明確化し、
ターゲットに合った販促をすることで、
反応率は格段にアップするので、ここは、
絶対に押さえておかなければならない重要ポイントです!





そして次なんですが、
やっぱりココも重要です!



1の誰にさえ決まれば、あとは、



2.※このターゲットに何を伝えれば、興味を持って行きたくなるのか?



という段階に入ります!



この何をにあたるのが、
店の一番のウリ・こだわり、価値、強みになります!



つまり、
あなたでないといけない理由!


そう、
       ・・・・・・
あなただけの『選ばれる理由』です!



あなたしか、
ターゲットのニーズを満たせないのであれば、
間違いなく、反応率は上がります!

これは、代わりがきかなくなるので当然です。

謂わば、
ディズニーやUSJのイメージです。





例えば、


※小さなお子様連れで、たまにの外食なのに、ゆっくりとお食事が楽しめないママさん達に朗報です!

『24時間休みなく
育児に奮闘するママさん応援宣言!』

当店では、お座敷の隣に、50人以上収容できる関西最大級のキッズルームを完備しております!
また、周りのお客様も小さなお子様連れのお客様ばかりとなっております。
お子様も食事の後は、ご褒美のガチャガチャと、おもちゃが沢山あふれるキッズルームで遊んでくれるので、
お母様方は、周りを気にすることなく、ゆっくりとママ会トークを楽しんで盛り上がって頂けます!
さらに、当店のランチスタッフの90%は、皆さんと同じ立場の現役ママさんで、
お子様の扱いには非常に慣れているスタッフばかりなので、是非安心してご来店下さい(^^)/
また、旦那には中々わかってもらえない子育ての悩みについても、現役ママ達にお気軽にご相談下さいね~♪
では、スタッフ一同、心より皆様のご来店お待ちしております。




いかがでしょうか?


今回は、料理のことを一切書きませんでしたが、
これだけでも、小さなお子様をかかえておられるママさんには、
すごく興味を持っていただけたのではないでしょうか!?


実は、これは、
私の創業店舗の実例となります。


このように伝えたことで、
ランチタイムは特に、ママさん連中で常に満席でした!





これも、誰に何を伝えるか?
しっかり考え抜いた結果ですよね。


こんな感じで、
あなたの店だけのウリ・こだわり、
お客様のメリット・ご利益をしっかりと、
見込み客に伝えていきましょう!



ちなみに、
お客様が最も知りたいことは、



※あなたのお店を利用することで、私にはどんないいことがあるんですか?



とう質問に対しての答えです!


これが、
お客様のメリット・ご利益になります!




ちなみに先程の文章で説明すると、



お子様連れでも、周りを気にせず、ゆっくりとママ会トークで楽しむことができます♪



このあたりになります。


実は、これが、
他店では中々満たすことのできない、
お客様のニーズであり、メリットだったのです!


ですので、様々な販促媒体で、
ここを徹底してアピールすることで、
反応率を確実に上げることができたのです!


逆に、ココをしっかりと、
言語化して告知してなければ、
これほどまでの反応を取ることは、
まずできなかったでしょう。



だから、まずは売上の基盤でもある、
独自のウリや強みを、ターゲットにあわせて、
言語化してみましょう!




はい、では次、
3つめになります。



やっぱり、これも重要になります!笑





3.よだれが出そうなくらいシズル感満載の『写真』です!




やっぱり、
何よりも写真の影響ってでかいですよね!?



『百聞は一見にしかず』



です。


先程の文章を最後納得させるのは、
間違いなくリアルな『写真』です!


何も知らない土地を歩いていて、
どこでランチをするか決めるかの最終判断は、
今すぐ食べたくなるようなシズル感満載の写真の有無です。


ターゲットもキャッチコピーも秀逸で、
そこにシズル感満載の写真がくれば、
もはや来店しない理由はありません!


これぞ、3種の神器ですね。笑



これも、逆で不振店は、
いかにも素人の自分が撮りました…
みたいな残念な写真を使っているお店を未だに見かけます。


これは、逆効果のことさえあるので、
絶対に止めた方がいいです!


あなたが見て、従業員が見て、お客様が見て、
無条件で食欲がかき立てられるような
シズル感満載の写真を是非利用しましょう!



あと、もうひとつ、
『写真』を使う際のポイントなんですが、それは、




『人物』の写真を掲載しておくことです!




人は、人に、
凄く興味がある生き物です。笑



だから、
昨今のSNSが人気なんです。


Twitterなんて、ただのつぶやきで、
ブログなんて、ただの他人の日記…ですからね!?笑



でも、なぜかみんな興味津々なんです。



現に、私は、WEBでも紙面でも、
必ず人物の写真をトップに持ってくるように配置していました。



これは是非一度、
試してもらいたいことがあるのですが、
それは、HOT PEPPERの紙面をズラッと見ていって下さい。



すると、
・・・・・・・・
一旦、目がとまるのは、きっと、
「料理の写真」ではなく、





※『人物が写った写真』





だったのではないでしょうか?



もちろん、料理ばっかりの写真の中に、
人物写真が急にくるからかもしれませんが、
これも戦略です!!

同じように掲載しても、
埋もれてしまうだけです。


ちなみに私は、
この人物写真を掲載するようになってからは、
反応率がまた上がりました。

これは効果実証済みなので、
是非、実践してみて下さいね♪


ちなみにその際は、できるだけ、
「美男美女」でお願いしますね(^^)笑







では、次4つめです。




4.オファー(クーポン)です!




本当は、やりたくないのが本音なんですが、
しかし、これがあるかないかで反応率が、
大きく変化することも事実なんです。



ですので、
もし嫌な方は、発想の転換で、
『費用対効果』を測定するものだと、解釈しましょう!



やっぱり、
今後の改善策を練るうえで、
費用対効果の測定が欠かせません。

ちゃんとやってない方も、
本当にかなり多いですけど…(–;)汗


でも、やっぱりこれでは、絶対ダメですし、
販促物のウデも中々上がっていきません。


ちなみに販促というのは、極論、
※1円でも利益がでればやり続けるべきなんです。



それを理解するためにも、
戦略的なオファー(クーポン)をつけて、
効果測定できる仕組みを是非、構築しておきましょう!


またこれも、ターゲットにそって、
できるだけコンセプトを反映したものにしておいて下さいね~


どこにでもあるような、
しょうもなくお得感のないもでは、
現代では中々反応率が上がらなくなってもきているので、
少し工夫が必要です。




※《店が簡単に出せるもの=お客様側からするとありがたみのないもの=反応しない




になってしまうことが多いので、
これは避けたいところです。


正に、
ドリンク1杯無料や、枝豆サービスなんかは、
そんな感じになりがちです(^^;)


昔は、これでも集客できたかもしれませんが、
クーポン慣れしてしまった現代では、
もう少しのインパクトがほしいところです。



では、いったいどんなオファーがいいのか?



それは例えば、
私がよくオススメしているのは、



※メニューにはない『限定裏メニュー』



とかです。



これだと、
お客様側からすると、ちょっとした特別感がありますし、
店側としても、店のウリをうまくアピールできたり、
原価などもコントロールすることができます。


これは、廃材などをうまく利用できれば、
本当に一石二鳥です!

やはり、これに一手間加えて、
価値あるものにアレンジするのは、
職人さんのウデの見せ所ですからね~


ズバリ、これは、
お客様にとっても店側にとっても、
Win-Winの関係性なので、オススメです。



『※メニューには載っていない【数量限定】裏メニュー
目利き職人厳選!秘密のこだわり逸品無料サービス♪』



こんな感じのクーポンなら、
凄く魅力的に感じますが、いかがですか?


ちなみに、
これも私の店で実践してましたが、
大好評でしたよ(^^)

是非、一度お試しあれ!




また、値引き額を大きくすれば、
反応率は上げるかもしれませんが、
利益を大きく損なうので、
できるだけこれはやりたくないですよね!?


ですので、
値引き以外の特典を、いかに考え込めるか?


やっぱり、
ココがポイントになってきますよね。



でも、それでも、
どうしても反応率を上げなければならない時は、
次回使えるクーポンにしてみてはいかがでしょう!?



実は、これは、
次回の再来店に繋げることができる、
所謂、リピーター対策になるので、
かなりオススメです!


例えば、
次回20%OFFのクーポンを渡したとしても、
1回目は一切値引きしていないので、
通常料金を頂きます。

実にココが、
このクーポンのミソなんですよね~


2回目に、20%のクーポンを使われたとしても、
1回目は通常料金なので、両方で割ると1回につき、
10%づつ値引きしたことと同じ意味になります。

1回で20%OFFは大きい気がしますが、
実質割ると、1回で10%OFFしていることと同じなので、
これくらいなら多くの飲食店さんがやっている、
HOT PEPPERやぐるなびのクーポンとたいして変わりません。


さらに、
飲食店は、1回目から2回目の離反のお客様が、
約70%と高過ぎるので、これは新規のお客様対策にもなり、
LTVの最大化戦略にも貢献してくれますので、
是非、試してもらいたいオファー(クーポン)の一つとなっています!




また、これも重要な視点なんですが、
時間帯や業態によっても、
オファーは大きく変化します。



例えば、
ランチなら、100円引きでも、
食後の1ドリンクサービスでも反応はとれます。

ラーメン屋さんなら、
トッピング無料券でも、餃子半額券でもOKです。


でもあえて、
一つだけ条件をつけるなら、
メイン商品はできるだけ値引きしないことです。

メイン商品を値引きしちゃうと、
想定の客単価より下がっちゃう可能性があるからなんです。


ですので、
値引きするなら、
サイドメニューをオススメします。


これなら、
想定客単価より上がる可能性もありますからね♪


是非、色々と試してみて下さい。
これもトライアンドエラーあるのみです!




では、最後5つめは、




5.『限定性・希少性』です。




やはり、人という生き物は、
※いつでも手に入るものに、あまり価値を感じません。


それは、緊急性を感じないからです。
今買う必要性を感じないからです。


やはり、そんな感じになってしまうと、
欲しいなと思っても、



「またでいっか…」



となってしまいます!


本当に、このまたっ!
ていうのがくせ者なんです。




では、逆に、
どんな時に今すぐ欲しくなるのか?




それは…




※《今しか手に入らない時》




です。


これを逃すと二度と手に入らなくなる時や、
        ・
今買わないと、『損』をすると感じる時です!!



だから、これも
「顧客心理」をうまく逆手にとって、
そのように感じさせてあげましょう♪



マーケティングの本質は、
『心理学』でもありますからね!



ですので、ここでは、


・今買わなければならない理由、
・今買わなければ損する理由


を、しっかりと、与えてやりましょう!



よって、


『ランチ1日10食限定』
『先着15名様限定』
『女性限定』
『学生限定』
『○月○日○時限定』
『お一人様3個限定』


こんな感じですよね。



さらにこれを、
複数組み合わせると、
もっと強力になっていきます!




例えば、



『※1月18日(金)の11時~12時限定のタイムセール!』
◆先着30名様、女性のお客様限定の特別価格~お一人様3個まで~!




こんな感じで煽ると、
スーパーに主婦が殺到します。

こんな光景よく見かけますよね!?



結局、これも『限定性』という、
今しか買えないという顧客心理を、
うまく利用した結果なのです。



ですので、
みなさんも、自身の販促物を作成する際には、
この限定性というものを必ず取り入れてみましょう!


本当にたったこの二文字だけで、
反応率が3倍になった実績もあるくらいですからね♪


こちらも是非お試しあれ!




では、以上で、
5つ全て説明し終わりました。




いかがでしたか?




でも、
「本当にこれだけでいいの?」


と、思われた方にはさらに、
あと3つだけおまけしておきます!



それは、


⑥『人』を掲載する(プロフィール的なもの)
⑦お客様の声を掲載する(+Q&Aがあれば尚よし)
⑧地図と電話番号などの店舗情報は大きく記載する




以上です。



今後、販促物を作成の際には、
以上の8点を意識していただければ、
反応率が今より格段にアップすることは間違いないでしょう(^^)/




参考にしていただけると幸いです。



本日もありがとうございました!






《※たった半年で利益を倍増させたい飲食店経営者必見!》

▲こちらの利益倍増戦略メルマガの
定期購読はコチラからご登録下さい▼
https://maroon-ex.jp/fx44213/at3yaD





兵庫・大阪飲食店専門
S&Gコンサルティング

選ばれる繁盛飲食店クリエイター
利益倍増戦略コンサルタント
社長専属右腕相談士

永吉 正典

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

Facebook

 「いいね!」ボタンを押して、今すぐ無料でご参加ください。

 株式会社スペースワンダイニング(S&Gコンサルティング)

https://www.facebook.com/spaceone.d/

 

お気軽に友達申請お待ちしています(^^)

  >> https://www.facebook.com/masanori.nagayoshi.sp1

 

 飲食店開業成功塾

  >> https://www.facebook.com/nagayoshi.juku/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【メルマガ】

 

 「飲食店経営者のための利益倍増戦略メルマガ」

『選ばれる理由』を見つけ出し、

『儲かる仕組み』を構築できる、

飲食店経営者のための利益倍増戦略7つのステップ大公開!

 

登録完全無料!

今なら登録するだけで、

『業績改善52連発法テンプレート』を無料プレゼント中!

悩める飲食店経営者は、

こちらをポチッとお気軽にご登録下さい(^^)

  >>[link] http://sp1-d.main.jp/lp/mailmagazine

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

S&Gコンサルティングホームページ】

  >>[link] https://sp1-d.com/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー案内】

『人財獲得力格段アップセミナー』

詳細はこちら▼

http://sp1-d.main.jp/lp/saiyou

 

 

『選ばれる繁盛飲食店開業セミナー』

 

http://sp1-d.main.jp/lp/kaigyou

 

採用・教育・定着法が学べる

▼『人財相談士養成講座』▼

http://sp1-d.main.jp/lp/744-2

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

S&GコンサルティングAll Rights Reserved.

 

[発行元] 株式会社スペースワンダイニング(S&Gコンサルティング)

選ばれる繁盛飲食店クリエイター 代表取締役 永吉 正典

[住所] 兵庫県加古川市平岡町新在家2-270-9 吉村ビル3F

[連絡先] TEL(FAX):悩み解消直通ダイヤル 079-421-5501

初回相談無料!お気軽にご相談下さい!

E-mail: uchu-1@mirror.ocn.ne.jp  info@sp1-d.com

メールでのお問合せは、24時間365日受付中

 

[ホームページ] [link] https://sp1-d.com/

S&Gコンサルティングは、集客と採用教育の仕組み化による、成長戦略構築支援を通して、

業績を最大化することによって、社長のビジョン実現化のサポートをする、

飲食店専門!人財不足解消・利益倍増戦略パートナー型コンサルティング会社です。』

 

『新入社員の給与以下の投資額で、幹部社員以上の価値を創造します』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

  |  

無料メールマガジン登録

今より売上をアップし、利益を倍増させたい飲食店オーナー様必見!
飲食業未経験でも、10年間繁盛店を継続できた経営戦略の極意、驚異の秘密を、無料メールマガジンにて大公開中!利益を倍増させる秘訣とは!?

お名前(姓・名)(必須)
メールアドレス(必須)

無料レポート

「利益倍増プログラムシステム」の無料レポートを配布中。 『複数の収入源』を手に入れ、今より売上を+100万円上げ、『利益を倍増』する方法を、あなたは知りたくないですか?
本レポートを実践するまでは、「今の時代、利益倍増なんてムリでしょ!」と笑っていた経営者が、この仕組みを取り入れた途端に…、見事、売上150%アップを達成!
さらに、10年間の成功体験に基づいた、新規客、リピート率、客単価アップ術!今日からすぐ使える業績改善!販促52連発法の驚異のテンプレート付き!!!期間限定公開!売上低迷にお悩みの経営者様は、今すぐこちらをお読みください!

お名前(必須)

記入例)永吉 正典
メールアドレス(必須)

記入例)info@sp1-d.com